そもそもガードルって何?

ガードル slibee スリビーについて
ガードル

slibee スリビーについて書く前に、ガードルについて書いていきましょう。

ガードルとは

Wikipediaによると、ガードルとは以下のようになっています。

パンツ型で腹部・ヒップ、ロングガードルではそれに加えて太ももを広範囲に覆い、腹部を押さえる機能とヒップアップ機能と太ももを押さえる機能を有し、ウエストラインやヒップラインを美しく見せる機能を持つ。したがって、腹部の突出、ウエストまわり、ヒップラインなど、ラインがくずれやすい部分を形態補正して美しく見せる効果がある。補正力によってハードタイプとソフトタイプ、その中間のミディアムタイプがある。
そもそもガードルは下腹部などを押さえるもので、ウエストやヒップを美しく見せるためのものだそうです。
詳しくはこちら。
なら、補整さえされれば、締め付けなくても良いのでしょうか?

ガードルは締め付けが必要?

slibee スリビーの口コミを見ると、締め付け感がなくて楽という人と、締め付け感がなくて物足りないという人の2極化されています。

体に良いのはどちらなのかを調べてみました。

もちろん、slibee スリビーは締め付けが無い方が良いとしています。
なぜなら、排泄物を運ぶリンパや静脈なども潰され、栄養を運ぶ動脈も潰され…腸や子宮も潰されて、体の循環が悪くなるからです。

ではほかのサイトではどうでしょう?

トラタニさんのサイトに詳しく書かれていました。

ガードルなどの締め付けによるストレスはからだの代謝を阻害し、悪影響があることは医学的も証明されております。

そのうえ、締め付けすぎるガードルは、はみ出した皮下脂肪によって、変な体型にしてしまうそうです。

ガードルタイプ別の影響なども細かく記載されていますので、
興味のある方はじっくり読んでみてください。

ガードルってそもそも何に使うの?

ガードルって苦しいイメージしかなかったのですが、調べてみると納得しました。

キレイの知恵袋に載っていました。

ガードルはボディラインの気になる部分をカバーして、揺れを防いでくれるもの。

なるほどー。

階段の上り下りや、走ったときなんかに、脂肪が動くの気持ち悪いですもんね。

体型を特に気にしていない人でもガードルを使うことで動きやすくなったり、洋服を着た時のボディラインがきれいに見えたりするんですって。

だったら締め付けて苦しくて動きにくいのダメじゃん……

これも詳しく知りたい方はこちらを読んでみてください。

まとめ

ガードルって、締め付けなくても良いんですね。

もちろん、結婚式などで一時的に脂肪を隠したいとかなら、締め付けても良いんだろうけど、

長期的に使いたいなら、リンパなどを締め付ける苦しみを日々味わう必要ないんですよ。

むしろダイエットが目的なら、締め付けない方がよさそう

もちろん、締め付けが好きで着けている人は仕方ないんだろうけど…。

だからこそ、slibee スリビーは締め付けなくて良いんですね。

「医療従事者がおすすめする補整下着」って納得しました。

体に良いからこそ、売り切れ必須なんですねー。

slibee スリビーについての細かい話しはこちらを参考にしてください。

売り切れ必須なので、気になるカラーがある場合はすぐに申し込んでみてくださいね!

枚数に関わらず送料無料ですよ!!

スリビー1枚でお試しの方はこちらから

3枚セットが欲しい方はこちらから

5枚セットが欲しい方はこちらから

コメント

タイトルとURLをコピーしました